企業活動の生産性は、ボトルネックになる工程の生産性よりも大きくはならないという考えで、人員や機材などを該当する工程に注入して、それを解消するなど改善をする手法。